Photo by Ryosuke Asanuma

Yukari Fujimoto
衣装デザイン/イベント企画

京都の大学を卒業後、銀行勤務を経て大阪モード学院に入学・卒業。 

在学時にNDKファッションコンテストでグランプリ獲得、
副賞の航空券で訪れたイギリスにてワダエミ氏との縁がつながり、
帰国後「宗家の三姉妹(メイベル・チャン監督)」「Pillow Book(Peter Greenaway監督)」

、京都清水寺の青龍会等にアシスタントとして参加。


1996年に松栄堂松吟ルームにて初個展。京都西陣の町家にアトリエを持ち、

創作活動を始める。その後、東京へ移動。現在に至る。

 

パフォーマンス、舞台衣装、バレエ衣装、ウエディングなど、衣装のデザイン・制作を

メインにしながら、永観堂での僧侶とのパフォーマンス、フランスのビエンナーレに

招聘された際の「Quatre Saison」など、衣装のみでなく、企画を含む幅広い活動を行う。

最近では「茶」というフィルターを通して、「劇場茶会」という企画をはじめ、

日本の心=アイデンティティを模索する活動に力を入れている。

劇場茶会HP: http://www.gekicha.net/

Yukari Fujimoto

Costume design / Event plan

 

 

Graduated from a university in Kyoto, worked for a bank and then entered/graduated from Osaka Mode Gakuen.    

Awarded the ground prize at the NDK fashion contest while at the fashion school.  Went to England with the supplementary prize flight ticket and met Wada Emi.  After returned to Japan, got her assistant position for the movies “Soong Sisters (directed by Mabel Cheung) ,“Pillow Book (directed by Peter Greenaway)”and so on. 

Held the first solo exhibition at Shoeido Shogin room in 1996.  Started the creative activities from own studio at machiya (wooden house with a narrow but deep frontage that also doubles as a shop at the same time) in Nishijin, Kyoto, then moved to Paris, after toTokyo. 

My main activities are designing / making of costumes for performances, stages, ballet, weddings, etc. but also cover a wide range of event planning such as the performance event with Buddhist monks at Eikando or “Quatre Saison” when invited for Biennale in France. 
Recently, I have been focusing on activities to explore Japanese sprit = identity, through the “tea” viewpoints.
Original style Tea event: Gekijyo Chakai